Profile

"Silvana Chu is a remarkable young lady who possesses a warm, rich voice of great color and flair." - Lucine Amara (Metropolitan Opera Luminary)

"Mezzo Silvana Chu's Suzuki, restrained and servile until her protective drama of Act 3 with its fine trio" - New London(CT)

"Silvana Chu, a touching nurse in Romeo et Juliette" - South China Morning Post

Mezzo Soprano Silvana Chu was born in Hong Kong and lives in the United States. She received her Master degree in Music at the Manhattan School of Music. She has appeared in operas with New Jersey Verismo Opera, Connecticut Lyric Opera, Seattle Vespertine Opera, Sacramento Symphony, Caramoor Music Festival, and Opera Hong Kong. Her operatic roles include “Suzuki” in Madama Butterfly by Puccini, “Mary” in Der fliegende Holländer by Wagner, “Abbess and Monitor” in Suor Angelica by Puccini, “Gertrude” in Romeo et Juliette by Gounod, “Giovanna” in Rigoletto by Verdi, “Orlofsky” in Die Fledermaus by Johann Strauss, and “Stepmother” in Musical “Into the Woods” by Stephen Sondheim.

Ms. Chu was featured as Mezzo soloist in the Mozart’s Coronation Mass at Lincoln Center Avery Fisher Hall, and the Beethoven’s Choral Fantasy at Carnegie Hall. Other Solo works include Handel’s Messiah, Vivaldi’s Gloria, Bach’s St. Mathew Passion, Beethoven's Mass in C Major, Vaughan Williams’ Mass in G Minor, as well as Mozart’s Requiem. She has premiered “Easter Cantata” as Mezzo Soloist for Chinese composer Huang An Lun.

Silvana Chu is actively involved with contemporary productions. She has premiered American Operas “Shangri-La” by Susie Ibarra, “Sir Gawain & the Green Knight” by Richard Peasle, “Heart Mountain” by Sarah Mattox, and Japanese Opera “ Nasu no Yoichi” by Kazuko Hara.

Ms. Chu was the Third Prize Winner of New Jersey Alliance of Performing Artists. In 2018, Silvana Chu was the First Prize winner of the vocal division in the Romanian International Music Competition in Japan. In 2019, she made her Tokyo debut and performed her winner concert at Tokyo Bunka Kaikan. The same year she was invited by the Romanian Music Society to perform her Vocal Recital at the Romanian Embassy in Tokyo. She was the “Expoire Prize” winner of both Art Song and Musical in the 2019 Osaka International Music Competition.

女中音朱佩舜生於香港, 現定居美國。她在紐約曼克頓音樂學院獲取音樂碩士學 位。 在歌劇演藝上, 她曾與美國新澤西州寫實歌劇團和康乃迪克州歌劇院, 西雅圖 Vespertine Opera, Caramoor Music Festival, Sacramento Symphonoy 等等一同演出。 歌劇包括“蝴蝶夫人中的鈴木”, “修女安潔麗卡” 的女修道院院長, “漂泊的荷蘭人” 的瑪麗, “弄臣” 的喬萬尼, “蝙蝠“的歐羅夫斯基王子,及史蒂芬·桑坦的百老匯歌劇 “在森林中” 的後母。朱氏也曾與香港歌劇團在香港文化中心演出歌劇 “羅密歐與朱 麗葉” 的褓姆葛楚特。

朱氏在音樂會中曾多次擔任女中音獨唱。她在紐約林肯中心艾利費雪音樂廳首演莫 扎特 “加冕彌撒曲”, 也在卡內基音樂廳首演貝多芬“合唱幻想曲” 。其餘作品包括韋 瓦的 “榮光頌”, 巴赫的 “聖馬太受難曲”, 韓德爾的 “彌賽亞”, 莫扎特的 “安魂曲”, 貝 多芬的“C大調彌撒曲”, 佛漢.威廉斯的 G小調彌撒曲, 也曾為中國作曲家黃安倫的 “生命的讚歌”擔任女中音獨唱。

朱佩舜也活躍於現代音樂的演出。 她曾首演多部美國現代歌劇。 作品包括美國作 曲家莎拉馬托克斯的“哈特山”, 皮斯利的 “戈文爵士與綠騎士”, 菲律賓作曲家伊瓦 拉的 “香格里拉”, 和日本作曲家原嘉壽子的日本歌劇 “那須与一” 。

朱氏曾在美國新澤西州表現藝術聯盟協會聲樂大賽中獲得第三名。在2018年, 她在日本舉辦的羅馬尼亞國際音樂比賽聲樂組中獲得第一名,並於2019年在東京文 化會館舉行音樂會。同年仍被羅馬尼亞音樂協會邀請在駐東京羅馬尼亞大使館舉行 個人演唱會, 也在2019大阪國際音樂大賽中獲得“Espoire Prize” 。

メゾソプラノのシルバナ・チュは、香港で生まれ、アメリカに在住している。シルバナ・チュは、マンハッタン音楽院にて音楽の修士号を取得した。New Jersey Verismo Opera、Connecticut Lyric Opera、Seattle Vespertine Opera、Sacramento Symphony、Caramoor Music FestivalおよびOpera Hong Kongにてオペラで出演した。チュが歌唱したオペラの役は、プッチーニによる「蝶々夫人」の“すずき”、ワーグナーによる「さまよえるオランダ人」の“メアリ”、プッチーニによる「修道女アンジェリカ」の“アベスとモニタ”、グノーによる「ロメオとジュリエット」の“ジェルトリュード”、ヴェルディによる「リゴレット」の“ジョヴァンナ”、ヨハン・シュトラウスによる「こうもり」の“オルロフスキ”、およびシュテファン・ソンドハイムによるミュージカル「Into the Woods」の“義理の母”などを含む。

チュは、メゾソプラノソリストとして、Lincoln Center Avery Fisher Hallにてモーツァルトの「戴冠ミサ」、またCarnegie Hallにてベートーヴェンの「合唱幻想曲」を独唱した。他の独唱作品は、ヘンデルの「メサイア」、ヴィヴァルディの「グローリア(栄光の賛歌)」、J.S.バッハの「マタイ受難曲」、ベートーヴェンの「ハ長調ミサ曲」、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの「ト短調ミサ曲」、モーツァルトの「レクイエム」などを含む。また、中国人作曲家Huang An Lunの「イースター・カンタータ」をメゾソプラノソリストとして初演した。

シルバナ・チュは、現代作品に意欲的に取り組んでいる。Susie Ibarraによるアメリカのオペラ「Shangri-La」、Richard Peasleによる「Sir Gawain & the Green Knight」、Sarah Mattoxによる「Heart Mountain」、また、原嘉壽子による日本オペラ「那須与一」で初演した。

チュは、New Jersey Alliance of Performing Artistsにて3位に入賞した。2018年に日本で開催されたルーマニア国際音楽コンクールの声楽部門にて優勝し、2019年には東京文化会館での上記前年度コンクール入賞者披露演奏会にて東京でのデビューを果たした。同年、日本ルーマニア音楽協会により、演奏のため東京のルーマニア大使館における単独声楽リサイタルに招聘された。また、2019年度大阪国際音楽コンクールの歌曲およびミュージカルの両部門において、エスポワール賞を受賞した。